読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kininarukininaru

みんなの気になるあれこれをまとめていきます!

▽ブログTOPへ http://kininarukininaru.hatenadiary.jp/

【メアリと魔女の花あらすじ】ジブリじゃないの?パクリ説を解説!

スポンサーリンク

2017年7月8日(土)より公開予定の日本のアニメーション映画『メアリと魔女の花』。

早くもパクリ説で話題沸騰中です…。

“えっこれ、ジブリじゃないの?ジブリ足しまくり!ジブリぽすぎる!ジブリまみれ…”

という噂の真相と、気になるおはなしのあらすじを紹介します。

『メアリと魔女の花』あらすじは??

f:id:premiumpuddingm:20170416022525j:plain

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487829825

『メアリと魔女の花』あらすじはこちら。

 

11歳のメアリは、何をやってもうまくいかず

もんもんとした毎日を過ごしていました。

 

そんな中、夏休みに父親がアメリカ行きが決まって

メアリは田舎町の赤い館村にある

シャーロットおばさんの家でお世話になることに。

 

年寄りばかりの田舎で退屈していたメアリは

森で黒い子猫の

“ティブ”

と出逢います。

 

ティブに導かれ、

メアリは森の中で

7年に1度しか咲かない花

 

“夜間飛行”

 

を見つけます。

f:id:premiumpuddingm:20170416022531j:plain

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487829825

それは昔

魔女の国から盗み出された

禁断の花

 

“魔女の花”

 

だったのです…

 

一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、

小さなほうきにまたがって

雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府

「エンドア大学」

へ辿り着きます。

 

メアリは入学生と勘違いされて、

愛想のよい校長先生に入学を許可されます。

 

実は、校長の狙いはメアリではなく

強い魔力をもった黒猫ティブ。

f:id:premiumpuddingm:20170416023750j:plain

https://twitter.com/hashtag/メアリと魔女の花?src=hash

そんな時に

メアリがついた一つの嘘が

大切な人を巻き込んだ

大事件へと発展していきます。

 

メアリは、魔女の国から逃れるために

 

「呪文の神髄」

 

を手に入れて、

 

すべての魔法を終わらせようとします。

 

しかしその時、メアリはすべての力を失ってしまうのです…!!

参考元:メアリと魔女の花 - Wikipedia

スポンサードリンク

 

『メアリと魔女の花』ジブリじゃないの?パクリ説が話題…ぽすぎる!

“えっこれ、ジブリじゃないの?ジブリ足しまくり!ジブリぽすぎる!ジブリまみれ…”

そんな、ジブリパクリ説で話題沸騰中の『メアリと魔女の花』。

実際のところはどうなのでしょうか??

まずは予告編をご覧ください!

youtu.be

まず、

“黒猫と一緒にほうきに乗って飛ぶ少女”が

『魔女の宅急便』のキキっぽすぎる。

 

主人公メアリは

『魔女の宅急便』の冒頭に出てきた

占いが得意な先輩魔女の幼少期っぽい!

 

もしくは

『トトロ』のメイちゃんにも似ている。。。

 

“メアリ”という名前は

『借り暮らしのアリエッティー』を思わせるし

 

大きな木の根っこは

『天空の城ラピュタ』っぽすぎる!!

 

七年に一度しか咲かない花、夜間飛行が青い輝きを放つシーンも

『ラピュタ』の飛行石っぽすぎるし、

 

階段を壁伝いにこわごわと登っていくシーンは

『千と千尋の神隠し』っぽすぎる!!

 

動物がいっせいに走り出すシーンは

『もののけ姫』っぽいし、

 

化け物は『風の谷のナウシカ』っぽい!!

 

ほうきで飛んでるキャラクター、フラナガンは

『猫の恩返し』に出てきそう♪

 

全体的な色彩や、

流れ星のようなところや火事のシーンなんかは

ものすごく『ハウルの動く城』っぽいし、

イラストは『アリエッティ』っぽい!

 

うごめく魚たちは

『崖の上のポニョ』っぽすぎるし、

 

大きな水でできているキャラクターも

ポニョや、千と千尋に出てきそうな感じ!!

 

こんなにも

ジブリまみれで大丈夫なの?!

スポンサードリンク

 

 

結局ジブリなの?ジブリじゃないの?

f:id:premiumpuddingm:20170420235434j:plain

https://twitter.com/mary_flower_jp/media

今回の映画『メアリと魔女の花』は、

ジブリではなく

2015年に設立された「スタジオポノック」の

記念すべき、第1回長編作品となります。

 

ジブリではない

とは言っても、

 

 

米林監督は

今回のメアリに対して

「スタジオジブリで約20年間培ってきた全てを注ぎ込んだ」

と語っておられます。

 

“スタジオポノックは宮崎駿監督も出入りしているので実質ジブリ”

という見解もあちらこちらで聞かれます。

 

今回『メアリと魔女の花』のプロデューサーを務める

西村義明さんは

元スタジオジブリ所属の

日本のアニメーションのプロデューサー。

 

米林監督とともにジブリを退社後

自身で設立した

スタジオポノックの

代表取締役でもあります!

 

そんな西村義明さんと米林宏昌監督がタッグを組む

今回の映画は、やはり実質ジブリ映画と言えそう。

配給も東宝だし☆

 

メアリ役の声優を務める杉咲花さんも

“子どものころから

私と家族にとっては欠かせない存在だった

ジブリ作品の志を受け継いだ、

スタジオポノックの長編アニメーション

第一作目に携われることは、

私にとって飛びっきりのサプライズでした。”

 

とジブリを意識した発言をされています☆

参考元:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1492048418

 

「魔女ふたたび」

というコピーは魔女宅を意識してますよね!!

 


ぜひジブリと勘違いして見に来てくれということなのかな??

魔女宅と関係ありって思っちゃいますよ?!


 

↑「メアリと魔女の花」原作を、新たに翻訳刊行。

メアリのワクワク・ドキドキ・ハラハラの大冒険に、大人も子どもも、みんな夢中!

予約始まってます♪

あとがき

映画ドットコムの記事によると、

西村氏は、

「実は『魔女の宅急便』とは、逆をやろうとしています」と明言!!

 

やはり意識されているのですね〜!!

 

逆をやる、については

 

「『魔女の宅急便』は宮崎駿監督自身の物語だと思っているんです。

少女の自立を描く体をなしながら、

あの映画は才能ある女性が

ひょんなことからスランプに陥って、

スランプから抜けだす

という構造になっている。

そういうものとは逆になっている」

 

そのうえで

「宮崎駿監督だったら

魔女をこういう風に扱うだろうな、

米林監督は

魔女をこういう風に描くんだ

っていうことが、

基本的にちょっと違う。

まったく新しい魔女の映画が誕生すると思う」

 

と説明。

 

何だろう、

一体どういうことなんだろう!!

 

ワクワクドキドキ!

 

これはもう、観るしかないです♪

『メアリと魔女の花』

2017年7月8日(土)より公開予定です☆

 

▽こちらもよく読まれています。