読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kininarukininaru

みんなの気になるあれこれをまとめていきます!

▽ブログTOPへ http://kininarukininaru.hatenadiary.jp/

【聖の青春】評価感想まとめ!みんなが泣いた原作小説も紹介

スポンサーリンク

2016年11月19日(土)公開の映画『聖書の青春』に対する評価・感想ツイートをまとめました。

映画『聖の青春』

f:id:premiumpuddingm:20161122224231j:plain 

http://satoshi-movie.jp

俳優の松山ケンイチさんが、

29年という短い生涯を閉じた実在の棋士

村山聖さん

を演じる映画

『聖(さとし)の青春』。

 

原作を読んで、心を揺さぶられた松山ケンイチさんが

自ら出演を熱望し、役作りのために約20㎏の体重増加をされたことで

かなりの話題作になっていますね!

▽詳しくはこちら

 

病を押して将棋に懸ける村山聖さんと、

その前に立ちふさがる天才棋士、

羽生善治棋聖の戦いを、

 

松山ケンイチさん(31歳)と

東出昌大さん(28歳)が熱演しています。

【聖の青春】予告動画はこちら

youtu.be

2人の勝負師の最後の戦いは意外な結末を迎えます…

 

撮影を終えて

松山ケンイチさんは

“村山さんは病を抱えつつ、

朝まで酒を飲むなど、

一生懸命に遊んでいた。

 

この人は

いろいろなことに

正面から向き合い、

 

病すら

味方につけた人

だったんだと思います

 

生きることの意味を

考えさせる作品になりました。

 

役者として

素晴らしい役に出会えて幸せですし、

感謝しています。

 

けれど

しばらく主役の映画は出来ない

と思うくらい、

 

燃え尽きちゃったところはあります。”

 

とコメントされています。

スポンサードリンク

 

 

東出昌大さんは

 

“スタッフ・キャストとも、

全人生を懸けて映画を作っている

という緊張感があって。

 

『人生を撮る映画だぞ』

という意気込みや気概を

ひしひしと感じていました。

 

だから幸せな現場でした。

 

自分の俳優人生の中で、

燦然(さんぜん)と輝く作品になりました。

この演技を越えるものに出会わないと。”

 

と話されています。

二人の言葉からも

どれだけ真剣に役に向き合い

魂を込めて演じられていたのかを

感じることができます。

 

大ヒット映画中の『聖の青春』に対する評価・感想を紹介していきます。 

スポンサードリンク

 

映画『聖の青春』評価・感想まとめ

予告編を観ているだけでも

胸が詰まるような映画『聖の青春』。

 

そんな内容が苦手な方も

“本当に観てよかった…!!”

 

と感じられています。

 

命を懸ける。

言葉でいうのは簡単ですが、

 

それを実際に行動に移すというのは

たやすくできることではありませんよね。

 

将棋人生を描いた物語ですが、

将棋のルールが全くわからなくても大丈夫です!!

 

これは是非、

映画館に観に行きましょう!! 

 

最後に

 原作小説も泣ける! 

これを読んで心を揺さぶられ

今回の主演アプローチへとつながった!と

松山ケンイチさんも絶賛する原作。

 

それが2000年に出版された

ノンフィクション小説『聖の青春』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

聖の青春 [ 大崎善生 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)


 

主人公の村山聖を近くで支え続けた大崎善生だからこそ書けた

リアルで嘘のない文章。

  • 何度も読み返して、その度に泣けてしょうがない。
  • 目から水が読まらないよ…
  • 小説読んで一番泣いたのは、聖の青春。
  • 聖の青春は、決して教訓教育的な本ではなく、村山聖と彼をめぐる人たちの冒険小説だと思ってる

いますぐ読みたい方は

電子書籍が便利♪しかも安い!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

聖の青春【電子書籍】[ 大崎 善生 ]
価格:346円 (2016/11/23時点)


 

 原作小説を読んでから映画を観るか、

映画を見てから原作小説を読むか

迷うところです。

あとがき

人生を撮った映画『聖の青春』。

松山ケンイチさんが惚れ込んだ原作『聖の青春』。

将棋のルールがわからない人も泣ける『聖の青春』。

 

2016年11月19日(土)より大ヒット上映中です!

 

▽こちらもよく読まれています