kininarukininaru

みんなの気になるあれこれをまとめていきます!

NHKいないいないばぁの転がるボールの仕組みは?撮影方法が素適!情報まとめ

スポンサーリンク

 NHK Eテレ『いないいないばぁっ』のコーナーで、自由自在にコロコロ転がるカラーボール。
あの赤いボールは一体どうやって転がして撮影しているの?!気になる撮影方法やボールくんの仕組みを調べたら面白い結果がでてきました。

 

ボールくんとは??

http://www.improbic.net/design/file/wp-content/uploads/2011/10/ball_p.jpg

http://www.improbic.net/design/file/?p=1614

 

NHK Eテレ『いないいないばぁ』の中で転がる赤いボール。

 
今回はじめて知ったのですがこのコーナー、
 
正式名称は
『ボールの旅』

赤いボールは
  “ボールくん”
が正しい呼び方だそうです。


自由自在に転がるボールくん

このボールくん、
動きが普通じゃないんですよね。
 
はじめは、ただただ転がるボールをカメラで追っているのかな?
と思ってボーッと見ていたのですが、
 
コロコロ転がってきたかと思うと

その場でポンポン弾んだり

急発進したり
右へ左へ

くねくねと自由自在に動き回り
 
坂道を登っていったり
サーフボードに乗ったりして!
 


本当に生きていて旅をしてるみたい!!

youtu.be

川の手前で

“どうしよっかな〜...”

 

と迷ったり、

えいや!っと飛び込んでみるボールくん。


摩訶不思議な動きに
 
真剣にボールくんを目で追う娘。
 
そのとなりでおとなの私ももうすっかり夢中。
食い入るように画面をみてしまいます♪
 
 
そんな動きにみんながハテナ。

 

スポンサードリンク

 

勝手に動くボールの仕組みは??

 
私も気になり調べてみると、公式発表はありませんが
いろいろな面白い情報(有力説)が出てきました。
 

1.ワイヤー(糸)で引っ張っている

ボールくんをよくよく見ていると、
たまに糸がキラッと見えることがあるようなのです。


“1度見えると不思議と毎回見える”
というはなしも。
 
ワイヤー(糸)も、1本で引っ張っている説と、
左右両側につけて操っているという説があります。
糸がついていると自然に転がらなさそうですが、実際に実験してみた人が上手く転がった!と話しています。
 


2.人が転がしたり投げたり蹴ったりしている

ボールくんをよくよく見ていると、

たまにボールくんの中に

カメラマンさんが映り込んでいるそうです!
 
私は未だに発見したことがありません。
次回こそしっかり見てみよう!
 
『中腰でがんはっているおじさまカメラマンに萌える~☆』
 
という意見に影響されて
見たくてウズウズしています笑
 

3.撮影後、逆再生している

ボールくんが坂を登っていくシーンは、
坂の上から転がして撮影した後、

編集で逆再生にしているのではないか?

と言われています。
 


 4.ボールくんの中にラジコンを内蔵している

どう考えてもおかしな動き!
というところは
ボールくんの中にラジコンを内蔵して、
リモコンで動かしているのでは?
という説があります。
 
『みいつけた!』の、
コッシーもリモコンで動いていると言われていますね。

NHKさんのリモコン使い、すごいです。
 

5.これらすべてを組み合わせて撮像されている

まとめると、


ワイヤー(糸)で吊ったり引っ張ったり
人が転がしたり投げたり蹴ったり 
撮影後逆再生したり
ラジコンを内蔵してリモコンで操作したり

している!
 


ということですね!
 
かなり手をかけてボールくんの旅の撮影をしていることがわかります。 
 
手とこころをかけてボールくんに息を吹き込んでいるからこそ、

あれだけみんなを夢中にさせる素敵な映像が出来上がるんですね~☆
 
調べてよかったー!
と思えるボールくんの秘密でした☆
 
わたしも子どもといっしょに 
ボールくんの旅の撮影にチャレンジしてみようかな♪

 

 

いないいないばあっ!関連グッズをいろいろ眺めてみる

スポンサードリンク

 

 

 


▽こちらもよく読まれています